「自信がない」というお悩みについて その①

こんな悩みを打ち明けられたことがあります。

もう少し具体的にいうなら、「自分に自信がないから、行動を起こす気にならないです。」との事。

そう話してくれた個人に限らず、このお悩みはとても多いです。

昔は私自身も非常に憶病で傷つきたくない、ネガティブで自分という殻に閉じこもってた人間だったので、この気持ちは非常によくわかります。

ですが、はっきり言うと最初から自信があって行動を起こせる人なんて、ほとんどいないでしょう。

そんな事できる人なんて、スラムダンクの桜木花道かデスノートの八神月位なもんです(笑)

じゃあどうやったら自信がつくのか?

結論から先に言いますと、解決策の一つとしては「行動をするから自信がついてくる」です。

どういうことか?

年少期のことを思い出すと、分かりやすいです。

何かしらの習い事や、部活動に入ったことありませんか?

例えば私なら、初めて野球部に入って野球というスポーツに触れたとき。

ボールのキャッチの仕方、投げ方、バットの持ち方、振り方等々…全く分かりません。

なので、上手くプレイが出来るわけ…ありません。

よって、自信があるわけ…ありません。

そういうスタート地点から、教えてもらったり知識を自分で仕入れたり、それを踏まえて練習して身体にしみこませていく事で、少しずつ少しずつ上手にできるようになっていく。

そうして積み重ねていく事で「私、出来るようになってきたかも♪」と自信を持てるようになってきました。

(途中過程で自信を持ちすぎるのも成長の妨げになってしまいますが(笑)

この様に、過去の経験から思い返しても「やってみなければ成長もしないし、自信も持てるようにならない」という事はお分かりいただけるかと思います。

なので「自分に自信をつけたい」のであれば、今挑戦したいことや達成したいことに失敗を恐れず、むしろ失敗した分だけ成長の糧になる!と前向きに捉えてドンドン行動していく事が、私は大事だと考えます。

是非、参考になった。行動しよう。と思っていただけたら幸いです。

実はこれともう一つ、それでも踏み出せない!自信をもてない!という人のために「アファメーション」という方法もあるのですが、これは文章で伝えるのは非常に難しく、かつ体験型のプログラムで時間もかかります。

ので興味がある方は是非カウンセリングのご依頼をお問い合わせからいただけたらと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次